2022年6月12日 砂沼・つくばの野池B・C・D釣行

釣り
広告

こんにちは。
t-助です。

6/12(日)にTwitterでフォロワー&フォローさせていただいているDOMAさんにバスフィッシングに連れて行っていただきました。

DOMAさんには坂川でお会いしたときにいろいろとお話しさせていただいて、その際、小貝川を開拓してスモール釣りたいと話していました。で、今回の釣行が実現した感じですね。
ただ、この日は雨予報も出ていたりしたので、さすがに雨の日の川は危ないという事で、つくば近辺の野池を開拓することになりました。
「どこか知っていますか?」と聞かれたので、Google Mapで目星をつけていたBを紹介。そして、まずはそこからやってみて、ダメだったら、砂沼に行くか…というプランで行くことに。

今回も砂沼以外は野池なので、詳しい場所はごめんなさい。。。
また、写真見てもどこの野池かわからないようにしています。

なお、この日の気温は18℃、最高気温は23℃の予報でした。

タックル

この日のタックルは以下の通り。

タックル1
ロッド: Shimano バンタム168ML+-G/2
リール: ’21 アンタレスDC XG
ライン: GT-R ULTRA 16lb
ルアー: ダイソークランク

タックル2
ロッド: Shimano ワールドシャウラ 2650FF-2
リール: Shimano コンプレックスCi4+ C2500SHG
ライン : GT-R Pink selection 4lb
ルアー: 3インチグラブ+1/32ozジグヘッド

最近、魚をよくバラしていたので、ワールドシャウラではなく、酷評していたバンタムです(笑)

Shimano Bantam 168ML+-G/2のファーストインプレッション
こんにちは。 t-助です。 今年の1月にShimanoの新製品が発表されて、こちらのロッドを予約していました↓

つくばの野池B

まずはつくばの野池Bから。
こちらは、こんな感じの周囲を芝生に覆われた野池。

非常に足場も良いのですが、前日の雨で、草の上は結構ぐしょぐしょで、私は既にこのフィールドで既に釣り用の靴(コロンビアのホーソンレイン)はびしょびしょ。

これは、多分、Timber持ってきても一緒だっただろうし、やはりワークマンで靴買うか。。。野鳥の会のブーツ買うか。

そして今回、車用の靴を持ってきておいて本当に良かった。

準備して、釣りを開始しますが、水面を見ると、カメがバスだと思われる魚を加えて泳いでいるのを発見!一気に期待が高まります。

ひとまず、クランクで巻いていきます…が、このフィールド、非常に水深が浅く(多分、深いところでも水深1mないくらい)、巻物をやっているとゴミを拾ってくる感じ。

それでも、何とかゴミを取りながら巻いていったのですが、どうも手返しが良くないので、トップウォーターに変更。
本当はポンパドールJr.でも使いたいのですが、最後までワールドシャウラにするかバンタムにするか迷ったのもあり、ポンパドールJr.よりもさらに一回り小さめのどんぐりマウスに。

これ、12gの羽ものなので、非常に使いやすいので(久しぶりに使ったけど)、おすすめ。

ただ、やっぱり水面には出ない。
というわけで、ジグヘッドで水中を巻いてきます。途中ギルが度々突いてくる感じ

イマイチ反応が無いので、DOMAさんと移動するか…と話していた時、私のジグヘッドに何かがヒット!!

最初、根掛した?という感じだったのですが、いや、明らかに引いてる!
そして巻けども巻けどもラインを出される。

全然寄ってこないので、ドラグを閉めてやり取りすると…ここでラインブレイク。。。
あぁ、やってしまった…ゴメン。。。
急いで寄せなくても、疲れさせてそれから巻けばよかった…ドラグを触るんじゃなかったと後悔。。。
ただ、あれだけ寄ってこないという事は、バスでなく、コイだった可能性が高いかな…と思いつつ移動。まぁ、何の魚だったかは神のみぞ知る…と言ったところでしょうか。

この野池はまたそのうち来てみたいな!

砂沼

次に砂沼に移動してきました。

まずはいつもの水門…と言いたいのですが、先行者の方がいたため、そこから少し離れたストレッチを。
その先行者の方と話したところ、アタリはあったけど釣ってはいないと。砂沼もだいぶ厳しくなったよね…と。
まぁ、そうだよね…。

で、その先行者の方に断って、水門の逆側に入れてもらうことに。

ここでは、ルアーをスピンソニックのピンクシルバーにチェンジしていました。
しかし、やはり先行者の方のおっしゃる通り、ここでは反応ナシ。
この場所、風もモロに当たっていたので、
そこでDOMAさんと話して、水門から時計回りの方向で池を回りながら神社前を目指すことに。

こんなストラクチャを私はゲイリーグラブで、DOMAさんは沈蟲で撃ってみますが、反応ナシ。

で、こんな感じのところ。

普段なら、入らないような場所でしたが、DOMAさんがやってみようかという事で入ってみました。頭上には木がある場所なので、私は写真の草木の間からフリップキャストでスピンテールをキャストし、巻いていきました。
6.5gのスピンソニックのフリップキャストなので、10m程度しか飛んでいないのでないかと思うのですが、投げては巻きを繰り返していきます。

すると、手前3m?5m?くらいのところでしょうか、魚がかかったのが見えました!
特に合わせを入れなかったのですが、さすがバンタム!魚を掛けることにおいては、本当に素晴らしい!!
そして、こうなるとこのロッドならバレる気はしない。
で、大して大きくないですが↓

約20cmちょっとくらいの小バスですが、今、写真で見ると、結構体格のいいバスでした!!

本当に練習していてよかったフリップキャスト(笑)
もし、フリップキャストができてなかったら、こんな場所で巻物をしようという発想にならないですからね。

とにかく、やっぱ砂沼最高!!

ただ、この後は何もなく移動。
途中、中学校前あたりのポイントで、大き目のバスを目にするも、ルアーは完全にスルーされてしまいました。

また、神社前では私は、クランクやスピナーベイト等を巻いたのですが、全く反応ナシ。
DOMAさんは見えバスを発見するも、食わせることができず。

ただ、神社前は風が当たらず、ベイトになるような小魚が多数いたので、ここで、粘っても良かったのかもしれません。ただ、10時半と良い時刻になってきたので、8代葵カフェに移動して、11時までの朝カレーを食べることに。
朝カレー、どうにか滑り込みで間に合いました。
*写真撮るの忘れた。。。

カレーを食べて、もう一度池を周りますか…と話して、釣り歩いていると、遠くの方で黒い雲が…。

DOMAさんが、雨雲レーダーで調べると、土砂降りの雨が接近中とのことで、急いで車に戻りました。
で、雨の間、車を走らせて、DOMAさんが調べてくれた次の野池Cに向かいました。

つくばの野池C

野池Cに着いても、雨は止まず、遠くで雷もなっていたので、しばしDOMAさんの車の中で待機。

その後、15分くらいで、雨もやんだので、釣行開始。

やってきたのがこんな野池。

私はここではベイトタックルはレアリススピン7g(サイトチャートギル)に変更。

この野池は足場も良いし、雰囲気は最高!
水深は1m~1.5mと言ったところではないかと。

まずは、水門?のようなストラクチャのあるところに入り、その周りをレアリススピンで巻いていきます。
すると、3投目くらいに何か当たった!
さらにその周辺をゲイリーグラブで巻いていくと…やはり何か当たる。

その後も幾度となく小さなアタリが!

ただ、水面をよく見てみると、バスではなくギルのようでした。。。

DOMAさんは反時計回りに、私は時計回りに野池を回っていきます。

私はスパイラルキャストとロールキャストでレアリススピンをキャストして巻いてくる感じ。

すると、沖の方でアタリが!今度はしっかり合わせて、乗った感じ!
で、巻いてくると、29cmのきれいなバス。この子も結構体格が良い。
欲を言えば、もう少しサイズがあるとよかったんだけど、ありがとう!!

その後、池の反対側でDOMAさんと合流し、今度はこの池の隣にある小さな池を攻めます。こちらは、手前に水生植物が生えていて、撃つのに良さそうな感じ。

ただ、私はその植物の隙間から沖にキャストしつつ、結局巻いていました。

すると…またまたヒット!今度は結構小さい。
しかし、手前まで寄せて、抜き上げようとしたら…残念ながら抜けてしまいました。。。

DOMAさんはレアリススピンを試して反応が無かったのですが、見えバスを見つけ、撃ちものをメインで試されていました。
見えバスって難しいですよね。これに挑戦する人と鼻っから諦める人でそれは経験の差ができるよね…って、私の中で反省。

DOMAさんはギルを釣られていました。この池のギルは、アタってものらないサイズが多数だった中、結構良いサイズでした!!

その後、アタリもなくなっていったので、帰り道にある野池Dに移動。

つくばの野池D

ここでは写真を撮りそびれているのですが、小さめの池が3つあるポイント。
ただ、ここは人が多い野池…ただ、あまり釣れているようには見えませんでした。

結局、ここはノーバイトでタイムアップ。。。

時間も短かったので、また今度挑戦…と言う感じですね。

最後に

今回はDOMAさんとの釣行でした。

今回の釣行、一人での釣行だと、「2匹釣れた。OK!」ってなってたと思うけれど、釣りが上手い人と釣行に行くと本当にいい経験になるなあと実感。
特にDOMAさんは、撃ちものや見えバスの対処が私よりもはるかに上手く、こういう場所でこういうルアーセレクトするのか!といった考え方がとても勉強になりました。

また私の場合は、まだまだキャスト精度の問題もあるなというのも痛感。
見えバスの目の前をトレースするようにキャストしたり、アシ際ギリギリに落としたりが雑になってしまう事があったりするので、オーバーハングの奥なんかを攻められず、結局オープンウォーターでの巻きの釣りやったりしてしまうので、本当にこれは反省。
ただ、キャストという意味では、練習していたフリップキャストが必要な場面で、それで釣れたのは進歩かな(笑)

とにかく、DOMAさんは私と歳も近く、いろんな話で盛り上がりました。本当に楽しかったです!
ありがとうございました!!

とりあえず、続きます。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました