2019年1月5日 砂沼釣行

こんにちは。

t-助です。

 

少し前ですが、1/5土曜日に砂沼に出撃してきました。

これが2019年の釣り始めなので、とりあえず、1匹でも釣れたら…という淡い期待を抱きながら。

この日の天気は快晴。朝の気温は-2℃、昼過ぎに14℃まで上がる予定でした。

なお、この日の水質は超クリア。

今回はいつもの、”恋は水色”と同時に釣行をスタートさせました。

 

タックル

この日のタックルは以下です。

前回やってみたいと書いていたことを実践してみたいという思惑です。

タックル1

ロッド: Megabass DESTROYER TOMAHAWK F4-66T

リール: スコーピオンDC

ライン: DEAD or ALIVE (フロロカーボン) 16lb

ルアー: タカミヤ スピナーベイト 3/8

タックル2

ロッド: Megabass hyuga 63ul-s

リール: ストラディックCI4+

ライン: VANISH revolution 3lb

ルアー: 2.8インチピンテールシャッド ノーシンカー(フック#3:ちょん掛け)

 

沈黙の水門周り

まずは、いつもの水門周りに入ります。

なんと、池が所々凍っている状況。水門の真前は影が落ち、寒いのか、完全に凍っていました。そこで沖目を狙ってリトリーブスピードをいろいろ変えて巻いていきますが、反応なし。

途中、魚影が見えたので、ピンテールを入れてみましたが、残念ながらバスではない様子。

♯ハスではなかろうか…。

いつも、ここで粘ってしまう嫌いがあるので、移動することに。

 

沈黙の神社前

そして、神社の前に移動。

ここは陽が当たって幾分暖かいだろうという憶測の下。。。

ここでは、レアリスのスモラバ1.8gを乱杭周りにアプローチしていきますが反応なし。

しかし、やはり何を投げても反応なし。

ボートのアングラーもいましたが、反応なさそう。。。

さらに釣れないのに、人が増えてきたので、ここで移動を決断。

 

沈黙の中学校前

そこで、深場でリアクションで食わせようと、この池で一番水深のある中学校前に移動しました。

ここでは、ジョイントベイト、バイブレーション等を投げ込んで行きます…が、反応なし。

ここで、今年立てた”穏やかな心で”目標の遂行のために、釣れないなら少しくらいは良い事をしよう…と、ゴミ拾いを開始。

20ポンドくらいのフロロのラインを20mくらい回収。

20ポンドのフロロなんて、他よりも単価が高いのに、これを豪快に捨てられる人はかなりの金持ちやなぁ…とか思いながら。。。

私なら、仮に高切れしたとしても、帰って傷のない、使える部分だけ切り出して、そのままショックリーダーにするでしょう。

↑貧乏性すぎる(笑)

とにかく、この場所でも、うんともすんとも…という感じなので移動しました。

なお、すれ違ったアングラーの方に話を聞いたのですが、やはりその方も厳しい様子でした。

 

沈黙のインレット

結局、歩きに歩いて、最上流部のインレットに向かいます。

この池、白鳥や鴨がかなりいます↓

美しい水辺を守るため、野鳥や他の水辺の生物が釣り人のせいで…と後ろ指さされないためにも、最低限、自分が出したラインくず等のゴミは持って帰りましょう!

我々はこの池で、最高に楽しい遊びを”させてもらってる”わけですから。

さて、インレットへ向かう途中、ベイトフィッシュがたまっている浅場を発見!

サイズは3cm強くらいでしょうか。

ここで、スピンテールにルアーチェンジ。

マッチザベイト(サイズ)です。

しかし、スピンテールをゆっくり引いても反応なし。

やはり、かなり厳しいようです。

そして、最上流部に到達すると、タナゴ釣り(?)やコイ釣りのナイスミドルはいましたが、バスアングラーは全くいませんでした。

彼らの邪魔にならないように、杭等をスモラバで撃っていきますが、反応なし。

敢え無く撤退です。

 

やはり沈黙の水門周り

時刻は13時過ぎ、気温もずいぶん上がってきたので、水門周りのシャローに上がってきているかもしれない…と淡い期待をしながら、最上流部から最下流まで移動してきました。

しかし、残念ながら魚は全くいませんでした。

ここで、北西の風が強く吹き始めたので納竿となりました。

結局、最後に初心者アングラーが根掛かりで困っていたので、外してあげて、砂沼を後にしました。

#根掛かりはロッドを強く煽ると、竿が折れちゃうから、ライン引っ張った方がいいけど、彼女は手袋してなかったので。。。

うーむ、厳しかったけど、いい事をすると、穏やかな心で過ごせて、気分もいいですね!

 

最後に…

今回は完全に沈黙で、バイトすらありませんでした。

反省点としては、深場でもう少しラバージグ やメタルバイブなどを使って粘ったら、もしかしたら、少しいい結果が出たかもしれません。

他に関しては正直、陸っぱりではしょうがないという気がしています。

あと、やっぱり一度、砂沼でボートを借りて、魚探をかけたいな…とか思っています。

まぁ、ただ今回、穏やかな心で…は実践できたかなと思います。

なお、穏やかな心で…を実践することで、少しずつ、俯瞰的な視点でバスフィッシングを見つめ直すこと言う事ができてきているかと思います。

特に今回、以下を実践してみて、今後も心がけよう強く思いました。

– 釣り場に落ちているゴミは持って帰るようにすること

– 初心者アングラーは大切にすること

バスフィッシングは、ご存知の通り、楽しい遊びだけど、昨今のそれを取り巻く環境は厳しいものがあります。

よりバスフィッシングが市民権を得るためには”従来のバスアングラー”である我々、一人一人の意識的な行動は大切ですね。

次回は弁慶にでも出撃しようかしら。

とりあえず、続きます。。。

★2019年の目標達成状況★

1. 小型船舶の免許をとること

→未達

2. 80匹以上釣ること

→今回0匹、残り80匹

3. 50cmオーバーを釣ること

→未達

4. 20回以上はバス釣りに出かけること

→今回1回、残り19回

5. 何かしらの大会で釣果を残すこと

→未達

6. ブログを続けていくこと

→継続中

7. 釣り場では”穏やかな心”で過ごすこと

→継続中

8. 事故のないようにすること

→継続中

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。