2019年のバスフィッシング8つの目標

こんにちは。

t-助です。

 

ついに2019年。

2018年は砂沼という良いフィールドに出会えて、67匹+4スレ掛かりのバスに出会うことができました。

 

昨年はサイズは出なかったのですが、数は一気に増えました。一昨年までのあの全然釣れない釣行は何だったのか。。。

とにかく、今年はさらにそれを上回るような釣果を上げたいし、スキル的にもさらなる向上を目指したいと思っています。

そのために達成すべき目標を考えたので公表したいと思います!!

 

小型船舶の免許を取得すること

今年こそはなんとしても2級でいいので、小型船舶を取ろうと考えています。冬季のうちに取れれば安いけど、それはどうかな。。。

相模湖で友人と14ftを借りて釣りをしたいです!

 

トータル80匹以上のバスを釣ること

先ほども書きましたが、昨年は71匹(内、4匹スレがかり)のバスに出会うことができました。

砂沼が昨年のようにハマってくれれば、決して難しくはない目標のはず!

限られた釣行の機会ではありますが、必ず達成したいです。

 

50cmオーバーのバスを釣ること

昨年は36.5cmが最高で、サイズ的には伸びませんでした。

今年は、ゲーリー3インチのノーシンカーやスピンテール等の数釣りもやりながら、大物狙いの釣りもトライしていきたいです。

まずは、50cmオーバーがいるフィールドに行く事も大事なので、ぜひ今まで行ったことのないフィールドにも足を運びたいと思います!!

 

20回以上はバス釣りに出かけること

今年は去年より釣りに行ける機会は減りそうですが、それでも20釣行は確保したいと思っています。

 

何かしらの大会に出て釣果を残すこと

車を持っていないので、やれる事は限られますが、今年は何かしらの陸っぱり/ボートの大会に出場したいです。

砂沼は少しはわかってきているので、砂沼の大会なら、ノーフィッシュで終わる可能性は低いかと思っています。まぁ、前日からどこかに泊まらないといけないのがネックではありますが。

あとは、弁慶堀の平日大会。休日の大会の参加は、家からは始発で行っても、電車では間に合わないので、平日大会を狙います。どうにか釣果を刻めるくらいの結果は目指せないかな…。

 

ブログを続けていくこと

1日1回更新は無理ですが、無理のない週1程度のペースで、また今年も、ゆるーくやっていけたらと思っています。とりあえず、バス釣りの釣行記は全部記事にしていきたいと思っていますので、お楽しみに!

どこまでできるかはわかりませんが、釣り場で配れるような名刺とかも作りたいな^^

 

釣り場では”穏やかな心”で過ごすこと

しつこく内角攻めをくらっていた、ホークスの柳田選手に工藤監督が「穏やかな心で打席に立ちなさい」とアドバイスした事を参考にしました。

今年もやはり、ラインを被せてきたり真後ろを通ったりしても声もかけてこないアングラーやタバコやラインを捨てるアングラー等がいたりして、釣り場でイライラするような事が無くなるわけではないとは思います。

しかし、イライラすると釣れないどころか、トラブルや事故につながりかねません。

だから、そんな細かな事は達観的に捉えて、”穏やかな心で”過ごしたいと思います。

その一環として以下を心がけたいと思います。

– 他のアングラーが捨てたライン、フック、ルアー等意識的に探して拾って帰る(いい事をすれば気持ちの余裕が生まれるはず!)

– 去年以上に釣り人への挨拶・声かけを積極的に行う(周りと協力体制を築く事で、未然にトラブルの種を摘む!)

– イライラしても6秒間我慢する(これはよく知られているアンガーマネジメントの方法ですが…)

 

事故のないようにすること

これは、何よりも大事な事だと思います。

怪我等はもちろん怖いですが、自分の事故せいで釣り場が釣り禁止にでもなったら、目も当てられません。

実は、去年、ブログには書いていませんが、雨上がりの小貝川のほとりで滑って、片足を川に突っ込むという事をやってしまいました。幸い、怪我もなく、道具が汚れただけで、破損もありませんでしたがかなりヒヤリとした事故でした。

原因としては、朝一で入ったポイントで準備していたら、後できた他の釣り人に先を越されてしまい、気持ちが先走ってしまい、ぬかるんだ水際まで降りてしまったことでした。

ハインリッヒの法則というものによると、重大なインシデントの裏には、同じ原因の300件のヒヤリハットと29件の軽微な事故があるとのことです。

なので、多分、これまでにも”はやる気持ち”起因のヒヤリハットがそれなりにあったかもしれませんが、気にもしていなかったということです…。

そんな中で、去年、体験したのは、この分類では29件の軽微な事故に分類されそうです。

他にも様々な危険はあるとは思うのですが、とりあえず、昨年見えたリスクは潰していかねば…。

そこで、今年は釣り場のヒヤリハットで気づいたリスクは潰していくよう、注意していこうと思います。

そして、そんなヒヤリハット経験もブログで発信して、啓発していく事には大きな意味があると思いました。

 

最後に

今回は新年のバス釣り目標を8個あげました。


今年はこれから、釣行の度に、これらの目標の達成状況をブログで報告していきたいと思います!

本年もどうぞ、t-助の釣りブログをよろしくお願いいたします!

 

とりあえず、続きます!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。