2022年5月28日 つくばの野池A釣行

釣り
広告

こんにちは。
t-助です。

5/28(土)、この日は2週間に1度の自由になれる日!

…と言うわけで、こんなつぶやきをしていました。

そうしたところ、フォロワーさんから是非、放年園に偵察に行ってほしいとのお話が。
そんなわけで、当初、放年園に行こうかと思い、頑張って前日に使うルアーのバーブを潰したり、バーブレスのものに替えたりしていました。

で、当日、朝起きると、やっているか微妙…と言う情報をTwitterでいただきました。
そんなわけで、自由になった朝8時過ぎにGoogleに乗っていた放年園さんの番号に電話してみるも…「こちらはNTTドコモです。おかけになった電話番号は現在使われておりません。番号を…」となったため、放年園に行くことは断念。
で、当初考えていた栃木の管釣り(遊水園とかなら山とか)でも行ってみようかとも考えたのですが、完全に出遅れているため却下。車でつくばのミッドクリーク行くのも…とかも考えたけど、まぁ、来週エリアに行こうと思っているのもあり、やめるか。。。と。

しょうがないので、潮来釣り具に行って、ナマズでも釣りに行こうかな…なんて思って準備して柏駅まで行ったのは良いものの…
柏駅から成田行きの電車がなんと、1時間20分待ちで、潮来まで3時間かけて行く…という乗換案内に。。。

…と言うのをですね、JRの柏駅のホームで調べたという、もうね、我ながら要領悪すぎてアホかと。。。
で、3時間かけて潮来釣り具センター行ったとしても、色々と伝説の釣具屋で買い物したり、予約しているステラの順番待ち情報を聞いたりしたら、釣りする時間ないやん…と。

そんなわけで、結局柏駅の入構料を払って出て、帰宅。。。
くぅ・・・何もしていないのに140円も取られやがった…鉄道会社、阿漕なやつらめ(自分が悪い)

…と言うわけで、残る選択肢は、坂川、手賀沼、もしくはGoogle Mapで見つけて気になっていたつくばの野池へ行くという感じでした。その中で、手賀沼は人であふれていそうなのでパス。
そんなわけで、つくばの野池を目指しつつ、人が多かったりしたら、坂川を歩くか…という結論に達しました。
とりあえず、ナマズ装備を家に置いて、バスのおかっぱり装備に変更して、再度電車に揺られました。

で、駅から結構歩いて、目的の野池に到着。
うむ、家からこれくらいの距離なら、ベイトタックル1本だけ持って、日曜の朝なんかに朝練も可能かもしれない。。。

到着後、野池を見渡すと、土曜日にもかかわらず、釣り人はヘラ師のおじさんが一人…以上。
まぁ、ここは駅からもそれなりに遠く、近くに車を停められる場所がないので、人がいない感じですかね。そもそも釣れないって気もする。。。
駅から5~6km程度までなら、徒歩圏内と思ってしまう自分にもってこいな場所(←妻が言うにはおかしいらしい)

まぁ、個人的には一般社会でも釣り人でも、体感的に9割以上は普通のモラルと常識とコミュニケーション能力を兼ね備えた方々だと思うので、公開しても良いのでは…と思うのですが、場所を公開するのを嫌がる方がいるだろうから、申し訳ないですが、つくばの野池の一つ…とだけ。
また、今回、最後まで読んでも風景から場所を特定できるような写真は入れてないです。悪しからず。。。
今回、野池Aと書きましたが、野池の頭文字でも何でもなく、今後、私が行った順にA,B,C…みたいな感じで名前つけていきます。そもそも、野池の名前なんて調べようもないか。。。

なお、この日の天気は晴れ。気温は28度まで上がる予報でした。

タックル

いつものタックルです。

タックル1
ロッド: Shimano ワールドシャウラ 1651FF-3
リール: ’21 アンタレスDC XG
ライン: Z06 16lb
ルアー: スピンソニック 6.5g

タックル2
ロッド: Shimano ワールドシャウラ 2650FF-2
リール: Shimano コンプレックスCi4+ C2500SHG
ライン : GT-R Pink selection 4lb
ルアー: リグルクローラー3.8inch+1/64ozネイルシンカー ネコリグ

釣行開始

まずはこんなところでスピンテールを巻いていきます。


セレクトしたのはスピンソニック6.5g。よく反応があるけど、よくバレる子。

この野池、目視で確認できるのはコイとヘラって感じですね。なので、とりあえずバスが居るか否かを調べたい感じ。
水深は遠浅。多分ずっと先まで水深は1m以内。ただ、結構減水しているように見えます。
なお、底についても根掛の心配はなさそうなので良かった。
ただ、底は落ち葉等が堆積しているようで、底に着けてしまうと、かなりゴミを拾ってくる感じ。

なんとなく、この池の感触が分かったところで少しだけ移動。

すると…アタリが。しかし乗らない。。。
うーん、ブルーギルかはたまた、ラインに何か魚が当たった可能性も否めない。

アタリのある魚は何?

その後も何かあたるけど、何が当たっているかわからない状況が続きました。
少しでもフッキング率を上げようと、ダブルフックなレアリススピン7gに変更。カラーはサイトチャートギル。

ただ、長い事ルアーケースにしまわれていたこいつは、しっかり泳がない子だったので、10投ぐらい調整しながら投げて、ようやく泳ぐようにした感じです。

そこから何投かしていると再びアタリが…でも乗らない。
やはり、しっかり泳ぐようになるとアタリがある…という事はラインにアタっているではなく、食いに来てるのか。。。

その後も幾度となく、アタリはあるものの、のらない感じです。
豆バスかブルーギルか・・・とりあえず、3.8インチのリグルクローラーを投入しますが、こちらは全く反応ナシ。

その後もレアリススピンを巻くと、やはりこちらには反応ある感じ。
そして、一度、しっかりあわせてみるか…としっかりとあわせを入れると…やっとのった!!

ただ、のせたと思った次の瞬間、重みが抜ける…何か小さそうなんだけど、うーん、ナニコレ。。。

少し、池を回っていると、ベイトを発見!

結構立派なサイズでした。
こいつが居るという事は、バスも居そうですよね。

釣行後半

結局よくわからない状態なので、先ほどの写真に写っていた倒木の周りをカバースキャット2.5インチで撃っていきます。しかしこの倒木、まだなんか新しそうです。
この倒木の中に、撃っていると、コイが反応してビビるのですが、バスは居るのかしら。。。

最終的にはいつものスキッピング大会をやり始めてしまったのですが、まだまだできないなぁ…と。

その後、レアリススピンを11g、デラクー1/2ozのものにしたりして遠投したり、クランクやスピナーベイトを投げたりしたのですが、全然ダメ。
そこで、レアリススピン7gに戻すと、これには当たる感じ。でも乗らない。

うーむ、一体何なのだろうか。。。

この日は、ひとまずこの辺でタイムアップとなったので、帰宅しました。

最後に

ずっとアタっていたのは何だったのか。
最近、釣行中はほぼほぼ動画を撮っているのですが、少なくとも5回以上はアタっている感じでした。これが気になって仕方がないです。
散々酷評したけど、次はバンタムのグラスロッドを持っていこうかな…とか考え中です。

Shimano Bantam 168ML+-G/2のファーストインプレッション
こんにちは。 t-助です。 今年の1月にShimanoの新製品が発表されて、こちらのロッドを予約していました↓

感度と飛距離は犠牲になりますが、このバンタムロッド+レアリススピン7gという感じで、小さなバイトも逃さないようにしてみようかと。
あとは、なんとなく小さい子バスがじゃれているのかな…とも思ったりするので、例えば1/32ozのジグヘッドに3インチグラブを合わせて巻いてみるとか、次回行くことがあればこういうのをやってみようかな…とも思ったり。

でも、先週よりももっと気温も上がっているので、そろそろ砂沼も見えバスとか出てくるんじゃないかな…と思い、こちらを優先的に出撃してみようかな…と言う感じなんですけどね。

とりあえず、来週は管理釣り場に行ってこようと思います。
こんな季節の管釣り、今までしたことないなぁ…とか思いながら。
開成行くか…と友人に話したのですが、うーん、湧水のすそ野とか、栃木や福島の方がよさそうな気も。
このエリアトラウト釣行に向けて、またいろいろ買ってしまったので、その辺もまたブログで紹介していきたいと思います。

とりあえず、続きます。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました