’22シマノ新製品で気になったロッドを調べてみた!

釣り
広告

こんにちは。
t-助です。

昨日、ステラの記事を書いたら、結構反響が大きかったようでうれしい限りです。
やはり、多くの方に見てもらえると良いですね!
いつも本当にありがとうございます。

さて、今回はロッドにフォーカスして詳しくスペックを見ていきたいと思います。新製品発表時の記事にも少し書いたのですが、バンタム168ML+-Gというロッドが一番気になっています。ほかにも気になるモデルがあるので、ご紹介できたらと思います。

今回、エクスプライドの画像は、黒田健史さんのブログからお借りしました。

黒田健史の「いろはにほへと」
kenshikuroda.com

バンタム168ML+-G/2

スペック

スペックは以下の通りとなります。

品番168ML+-G/2
機構2ピース(ティップ側がショートのワン&ハーフ)
全長6ft8inc
仕舞寸法130cm
自重112g
先径2mm
対応ルアーwt5-21g
対応ナイロンライン7-14lb

注目している理由

私の好きな釣りはクランクとかバイブレーションとかスピンテールをひたすら巻き続ける…というものです。正直、そんななので、村田基さんのYouTubeでは結構否定的な意見が多いですが、私はグラスコンポジットロッド大好きなんですよね。結局こちらの番手はそれに最適なロッドだと思うんですよね。
私のキャスティングフォームが微妙だからなのかもしれませんが、グラスコンポジットってしっかりロッドが曲がるので、キャスティングで飛距離が出やすい印象もあります。バス釣り再開してお手頃な価格だったメジャークラフトのコルザを一通り集めた後、バスタードというjacksonのロッドのグラスコンポジットのものを買ったのですが、それが私の釣りにハマって、グラスコンポジットに目覚めたんですよね。それで、そのうち1pcのグラスコンポジットが欲しくなってメガバスのデストロイヤーやジャッカルのBPM買ったんですけど、これもなかなか良かった感じです。特に、BPMは軽かったし良かった。ガイドは好きでなかったけど^^;

Jackall BPM BC-66ML-Gのインプレッション
こんにちは。 t-助です。 今回は先日購入したJackallのBPM BC-66ML-Gについて実際に使ってみた感想も含めて、レビューしてみたいと思います。
"Megabass DESTROYER TOMAHAWK F4-66T"のファーストインプレッション
こんにちは。 t-助です。 ついに新巻物用グラスコンポジットロッドを手に入れました!

ただ、車をセダンにした関係で、バスタード以外は売却してしまいました。

なお、今メインで使っているワールドシャウラ1651FF-3は非常に高い次元でいいロッドなので、感度とかパワーとかは全く比べ物にならないのですが、やはり、巻物でオートマチックに魚をかける能力はグラスコンポジットには及びません(そういった意味で、今回出たスコーピオンの1651R-2の存在は気になっていたりします)。

車の関係上、2ピースやワン&ハーフが良いのですが、そのグラスコンポジットってなかなかなかったんですよね。まだ所有しているバスタード(2ピース)もブランクスはいいロッドなのですが、精度や質感はシマノのロッドには敵わなくて、正直なんかあったときのために持っておいてるだけという感じでした。たぶん、ジャクソンでも高いロッドはまた違うとは思うのですが、ワールドシャウラを使ってしまった以上、バスタードに不満が出るのは仕方ないかなとも…。あと、バスタードはガイドが小さすぎるので、飛距離もワールドシャウラやスコーピオンに比べると微妙です。
そんな中、今回、シマノからバンタム168ML+-G/2というのが発表されて、個人的にはこれ、私が待ち望んでいたロッドじゃない?って感じなんですよね。実はバンタムの前モデルで、限定販売で169M-FM/2という巻物用モデルがあって、漠然とではありますが、最近、今更これを手に入れようか考えていたという節もありました。

現状、ワールドシャウラは16gのルアー迄なので、それが重いほうに5gプラスされるというのも大きいです。

ただ、正直なところまだ悩ましいです。
ステラを購入する予定なので、資金的な問題もあるしw
まぁ、また使わない釣り具をドナドナしてもらおうと思っているので、ボーナスのお小遣いを待たずに、それでどうにかできるかなという感じでもあるっちゃあります。
(あんまりやらないけど)ボートなら、両方持っていくだろうけど、おかっぱりで、ワールドシャウラを持っていくか、バンタムを持っていくかという悩みも増えそうですし。
もし、これを購入するのであれば、バスタードに関しては完全にお役御免かなとは思います。

t-助の物欲レベル:★★★★★

スコーピオン1651R-2

スペック

スペックは以下の通りです。

品番スコーピオン1651R-2
機構2ピース(ワン&ハーフ)
全長6ft6inc
仕舞寸法130cm
自重120g
先径1.8mm
対応ルアーwt5-20g
対応ナイロンライン8-16lb

注目している理由

ワールドシャウラの1651FF-3を持っているのですが、こちら、レギュラーテーパーということで、巻物ロッドとして、優秀そうなんですよね。
ワールドシャウラ、スコーピオンのシリーズはガイドが大きいので、飛距離が出やすいし、やはりワン&ハーフのティップが低弾性カーボンで、粘るロッドでありながら、バッド部分は高感度の高弾性カーボンになっている感じで非常に強くて感度の良いロッドになっているんですよね。
ただ、買うならバンタムかこちらかといった感じですね。

t-助の物欲レベル:★★★☆☆

エクスプライド259UL

スペック

スペックは以下の通りです。

品番エクスプライド259UL
機構2ピース(グリップジョイント)
全長5ft9inc
仕舞寸法149.8cm
自重77g
先径1.4mm
対応ルアーwt2-7g
対応ナイロンライン2.5-5lb

注目している理由

これ、フィネスなスピニングロッドとしてちょうどいい感じですよね。
私にとってのバスフィッシングはあくまで基本はベイトで、それでカバーできない範囲の重さのルアー(5g未満)を投げるものがスピニングという印象なので、こういうフィネスなスピニングロッドが好きってか、それしか要らないんですよね^^
なので、パワーフィネスとか見てると、ベイトでやりゃいいやん…って思っちゃうわけです。何かメリットがイマイチわからない…というのが率直な印象。
で、今回このロッドが気になったのは妻がバスフィッシングを始めたいと言っているので、そのスピニングロッドとしてどうかなと思っています。とにかく、5ft9incというレングスが良いですよね!スコーピオンXV以外のスピニングのロッドは長いんで。。。
ちなみに、263L-S/2もいい感じですが、初心者にソリッドティップはお勧めしないかなという感じなので、こちらの方が使いやすいかなと思いました。少し長いですしね。まぁ、懸念点は259ULの仕舞寸法が149.8cmなので…うちの5ナンバーセダンに本当に載るのなぁ…もしかしたら載らないかも…という感じではあります。斜めにすれば行けそうだけど、どれくらい斜めなのかな・・・。

ちなみに、ワールドシャウラ(仕舞寸法130㎝)ならこんな感じです。

んーーー微妙。。。
もし、載らないのであれば、妻用のタックルは、少し長いですが264UL-2にするかもしれません。
なお、妻の最初のタックルは、私のポケットマネーから払う予定です。。。

t-助の物欲レベル:★★★★☆

エクスプライド167MH-2

スペック

スペックは以下の通りです。

品番エクスプライド167MH-2
機構2ピース(センターカット)
全長6ft7inc
仕舞寸法103.5cm
自重112g
先径1.8mm
対応ルアーwt10-30g
対応ナイロンライン10-20lb

注目している理由

The撃ちものロッドって感じですよね。

一般的に7ftクラスのHロッドを使う方も多いと思うのですが、正直なところ、私は取り回しの楽なロッドの方が好きです。
もし今年、また弁慶堀等で、ボートをやるなら、今、撃ちものロッドを持っていないので、こういうロッドが欲しいかなと思います。ただ、撃ちものあまり好きでないのと、この手のロッドは過去にも多く出ているので、本当に必要になれば、中古で探してもいいかなといった感じです。
ただ、カーボンモノコックのグリップをいい加減に試したい気もあるので、こちらは私の中で、結構熱いモデルです。

t-助の物欲レベル:★★☆☆☆

ゾディアス169MH-S/2

スペック

スペックは以下の通りとなります。

品番ゾディアス169MH-S/2
機構2ピース(センターカット)
全長6ft9inc
仕舞寸法105.8cm
自重107g
先径1.6mm
対応ルアーwt5-21g
対応ナイロンライン7-14lb

注目している理由

このロッド、先端はソリッドトップなんですよね。
結局、ショートバイトも拾えるし、パワーもあるロッドという感じのようです。正直、どんななのかあまり見当がつかないのですが、もし、説明書きで書いてあるようなことがハマれば、相当すごいロッドなのでは?と思ったりします。

食わせとMHクラスパワーを両立する2ピースソリッドベイト
MLクラスのライトリグとM~MHパワーのベイトロッド双方の釣りができるようになる169MH-Sの2ピースモデル。継ぎ目を感じさせないスムーズなテーパーでソリッドティップを生かした食わせの操作とフッキング後のパワーを高いレベルで実現させます。
バックスライドリグ・フリーリグ・ヘビーダウンショットリグといった近年使用頻度の高いリグに対応。

Shimanoのホームページより引用。

気になる点としては、ソリッドトップのせいだとは思うのですが、対応ルアーが21g迄と、この手のロッドにしては、対応ルアーが軽めなので、そこは正直、どうなのかなという感じです。

撃ちものロッドが現在なく、実はそんなに撃ちもの好きなわけではないと書いたのですが、新品で導入するならゾディアスが現実的かなという感じです。

t-助の物欲レベル:★☆☆☆☆

最後に

今回は’22シマノ新製品で気になったロッドを書いてみました。
とにかく、バンタムは特にほしいかなといった感じ、スコーピオンも結構気になるといった感じです。

もし、バンタム買ったら、おかっぱりはバンタム…になりそうだな。

ボート用の撃ちものロッドもあるといいけど、急務ではないかな…と言った感じです。
書いていて、2022年、また弁慶堀も行ってみたいなぁと思ったのですが、行けるかな…。
また弁慶堀の大会とか出たいなぁ・・・。

それからバス釣りを始める妻用にエクスプライドの259UL、とても良いかなぁという感じです。本当にあとは車に載ってくれれば・・・。

ひとまず、今はロッドを整理して、新製品の導入も考えながら、今年の戦略を練っていきたいです。

とりあえず、続きます。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました