ラパラオリジナルカモフラージュスプーンワレットのインプレッション

釣り
広告

こんにちは。
t-助です。

私はエリアトラウト用に2014年?2015年?ころより、こちらのアブガルシアのスプーンワレットを使ってきました。

レザー調で良い感じだったのですが、正直もう中身がパンパンだったので、少し大きめのものに買い換えようと考えていました。中がパンパンすぎて、チャックが最後まで閉まりにくくなっており、こんな感じで、スペースが空いてしまうので、ここからスプーンが落ちてしまわないか、不安というのもありました。

また、アブガルシアのタックル、私、使っていないので(笑)
※なんかこの言葉、前も聞いたような。。。
私はワレットは首からかけたい人なので、首掛けできるワレットを探していました。
そして、白羽の矢が立ったのがこちらのワレット。

以前、妻用に下の写真のラパラのワレットを買ったのですが、なかなか良いので、サイズとか確認せずにこちらを発注することにしました。どうせ一緒だろう…と。

で、本日、新しいワレットがアマゾンから到着。

というわけで、今回はこちらのスプーンワレットをレビューしていきたいと思います。

ルックス

ルックスはこんな感じ。

妻用のワレットはPVCのような素材でできていましたが、こちらは布製で、アブガルシアのワレットが革製と言うのもあり、正直安っぽい。
ここで、少しイヤな予感がし始めます。。。ただ、デジカモ柄デザインはそんなに悪くないかなと思いました。なお、長期在庫だったからか、この辺のタグが色あせています。

うーん。まぁ、どうせ捨てるヤツだからこんなのはどうでも良い。。。

サイズの比較

正直なところ、想定していたより、何か少し小さくないか…と言うのが第一印象でした。
と言うわけで、まずは、アブガルシアのワレットとのサイズ比較です。
多少、新しい方が大きいように見え、一安心。

確かに、少しだけ大きかった。

しかし、同じサイズだと思っていた妻用と比べてみると…

なんと、今度は少し小さい。ここでまたいやな予感がし始めます。

スリットの数

で、中身を見てみると…なんかスリットの数が少なくない?…と数えてみると20スリット。

妻のワレットのスリットを数えてみると24ありました。
やはり、今回購入したものは想定していたものより小さかったのか…と。

確認せずに買った自分が悪いけど、何かこの時点でちょっと失敗した感が…。
ちなみに、知らなかったのですが、アブガルシアのものはスリットが27個ありました。結局のところ、実は一番小さなアブガルシアのものが一番よくスプーンが入るという事が分かりました(いや、気づけよ…)。
まぁでも。アブガルシアのものは、隣との感覚が狭いため、スプーンをたくさん入れるとルアーワレットが厚くなりやすくなってしまっていたとも考えられるため、これがなくなり、少し空いたファスナーの隙間からスプーンが落ちるという事故は防げるなぁ…とポジティブにとらえようと思います。。。

また、アブガルシアの方がスプーンが入るものの、こちらのスリットの形状に関しては確実にラパラの方がアブガルシアのものより使いやすいと思われます。と言うのも、アブガルシアのものは、フックの先が、スリットの奥で滑ったりしていたので。こうなると、スプーンを取りにくいんですよね。また、これに気づかず無理やり取ろうとして、針を伸ばしちゃいそうな気もしていました。
具体的にはこんな感じ↓

なお、中の素材に関して、質感的にはアブガルシアのものの方が上かなと言う感じです。まぁ、アブガルシアのものの方が、定価は高いんだろうな。。。

で、新しいワレットにも、こちらの小物入れ用のポケットが2つついていました。これは今使っているものと同じ。

ここはフックを入れたり、スナップを入れておくのに便利なんですよね。なお、こちらのポケットのサイズは、実はアブガルシアのものと全く同じでした。

実際にスプーンを収納してみた

アブガルシアのワレットに入っていたスプーンを新しいワレットに移していきました。
スリットが少ない時点で、想定はできていましたが、やはりすべてのスプーンを収納することはできませんでした。。。
と言うわけで、今後はアブガルシアのワレットも引き続き持っていく感じにしようかと。。。

実際に見ていくと…

まずはシマノゾーン。スリムスイマー、ロールスイマーです…が、トータル42枚あったので、3.5gのスリムスイマーは反対の面に入れました。やっぱり入らない。。。
ただ、やはりアブガルシアのものよりスリットの間隔が広いので、取り出しやすそう…と言うのはあります。

今後、5gのスリムスイマー、ロールスイマーを追加したいなとか考えていたのに・・・。
で、反対面はこんな感じ↓

こちらはほぼウォーターランドゾーン。先ほど入りきれなかったスリムスイマー3.5g、ロングゲーター、ディープカッパー、アルミん、ドーナ、デカブング…と言う感じです。
もし、アブガルシアのワレットと二枚体制にするなら、このワレットは完全にシマノウォーターランド専用、アブガルシアがその他…と言う感じで使い分けようかと。

で、入りきれず、アブガルシアのワレットに残留となったスプーンたちがこちらです。

MIUを中心にアキュラシー等々。これはそのうち、片面MIUとかにしようかな(笑)
で、ワレットが二つになると、どちらを首掛ければいいかわからなくなりますよね…という事で、紐は外して、首に掛けないワレットとして、使っていこうかと考え始めています。
…何のため首掛けできるタイプをかったのか。。。

なお、ワレット自体の厚みはルアー同士の感覚が広いためか、アブガルシアのものほどありません。また、ルアー同士がアブガルシアのものほど干渉しないので、ルアーの傷もアブガルシアのものより防ぎやすいのではないかと思いました。

しかし、アブガルシアのタックルが…と言うか、ラパラのスプーンも使ってないですね(笑)

総評

こちらのワレットですが、ラパラ大好きという方や、ルックスが好きな方、さらに2.5gくらいまでのスプーンは60~最大80枚程度しかもっていかない…と言う方にはありかもしれないです。

ただ、それ以外の方には少々収納力不足…と言うのは否めないと思われます。

おススメできるかと言われれば、もう首掛けできるワレットってあまりないので、悪くはなさそうだけど、今回、私は少し大きめのスプーンワレットが欲しかったので、ちょっと微妙かも…と言う意見になってしまいました。

ラパラだから、妻が持っているものと同じサイズだろうと考えたのも失敗でした。やはり、きちんと店頭で見て買うべきだったかな…と。

最後に

今回はラパラのワレットを購入したので、レビューをしてみました。
色々書きましたが、品質的には全く問題のないものです。ただ、期待ほど、そして見た目ほど収納力が無かったという事。

まぁただ、今回はスプーン詰めただけなので、次回釣行で、実際使ってみてからいろいろ判断したいと思います。

…とはいえ、もう首掛けしないのなら、何でも良いし、一元化?したいので、近いうちにwaterlandにしてそうな気がしないでもないのですが。。。
こちらはトータルで、約150枚くらい入るとのことだし。

また、これまで、極力荷物を少なくして機動性重視で、メッセンジャーバッグで行ったりしていました。ただ、ある程度本格的に取り組むのなら、首掛けのワレットだけと言うのは限界があるのも分かったし、やっぱりエリアトラウトで行きつく先というのはバッカンやドカッㇳ、バケットマウスなんかを使うスタイルになっていくのかな…と感じました。
私も、エリアでタックルを2セット持ち込むようになったし、これが3セットになりそうな気がしてならんしなぁ…。

結局みんながやっているから正解ってのは違うと思うけど、大抵の場合、検証してみると正解なんですよね。

とりあえず、続きます。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました