t-助の予約した2022年の新製品をもっと詳しく調べる

釣り
広告

こんにちは。
t-助です。

先日、ステラやロッドについて書いたのですが、結局、リールを1つ、ロッドを1本予約しました。

もうブログでも何度か書いているのですが、予約したリールはステラC2000SHG、ロッドはバンタム168ML+-G/2です。
今回はその予約したリール、ロッドについてもう少し詳しく調べて書いていきたいと思います。

ステラC2000SHG

予約したリールはステラC2000SHGは潮来釣り具センターの通販で注文しました。

※こちらの画像は黒田健史さんのブログからお借りしています。

潮来釣り具センターはすべて巻きをチェックしてから売ってくれる釣具屋さんです。まぁ、価格は格安…とまでは行かないけれど、通販サイトとの差額を考えても、外れを引く可能性が無いと言っていいので、高いリールを買う際はもうここっ!て感じです。
ちなみに、最近潮来釣り具センターからカーディフAX S66ULを買いました。こちらは通販でなかなか見つけられなかったのと、価格もそこそこ安いかな…と言う感じで、2月からのシマノ製品の値上げもあり、購入しました。

さて、ステラですが、やはり私と同じことを考える人は多いようで、そんな潮来釣り具センターで買いたいという人が殺到しており、どうやら現時点で全番手合わせて1500台以上のオーダーが入っているとのこと。
そういうわけで、私は当日の18時34分に予約が完了しているのですが、手に入らない可能性も十分あるかな…と思っちゃっていました。

そんな中、潮来釣り具センターのおさむんさんのツイートによると、「最大でお届けに半年以上かかる」…と言う表記がありました。これは逆に言えば、断られることはないと言うことなので、第一陣に間に合うのは難しい気がしますが、絶対に来るので、気長に待ちたいと思いました。

さて、購入するステラC2000SHGですが、基本的にエリアトラウトで使い、C2500のスプールとドラグノブを買って、ステラC2500SHGとしてバスフィッシングに使おうと考えています。

なお、今回のステラはバス釣りに何の番手を使うか問題があって、前の投稿で1000番サイズのボディになった22ステラでバス釣りできるのかと思っていた節もありました。そんな中、いろいろなプロのYouTubeやブログで、バス釣りで何番手がお勧めなのか、実釣動画等で使っていたのかというのをわかる範囲でまとめます。

  • C3000番→村田基さん、秦琢磨さん
  • 2500番→田辺哲男さん、伊藤巧さん
  • C2500番→小野俊郎さん

もちろん、プロは状況により使い分けたりするとは思うし、私自身もこればっかりは使ってみないと、最終的な判断はできないと思いますが、私の場合、ベイトリールで投げられないものをスピニングで投げるというスタンス。というわけで、基本、バス用のスピニングは小さめで良いと思っている人です。なので、これを見て、C2500が小さすぎて使えないという事はなさそうで、C2500をバス釣りで使っても問題ないかなと判断しました。

それで、今回、C2000SHGを予約したわけですが、これにC2500のドラグノブとスプールも追加で購入する形を考えています。なお、このような替えスプール等のパーツは、通常、リールの発売から約半年後に手に入るようになるようです。なので、最短でもステラをバス釣りに導入するのは、10月以降くらいかな…と考えております。
とにかく、リールを手に入れ次第、スプールなら近くの釣具店で予約しようかと考えています。

しかし、これで、トラウトとバスのリールを共通化できる…と思う。
…と言うわけで、また使わないリールのリストラを進めていく感じになると思います。

最後に、こちらの’22ステラのスーパースローオシュレートに関して、単に飛距離が…と言う話だけでなく、上下運動が少なくなり、巻きのノイズが少なくなったという話がありました。なるほど…と言う感じ、すごい事のような気はしますが、果たして、ステラを使ってこなかった自分でもそこまで感じることができるかどうかは未知数ではあります。
とにかく楽しみに到着を待ちたいと思います。気長に待ちますよ…と言いつつ、早く触ってみたい(笑)

バンタム 168ML+-G/2

これ、昨日も書いたのですが、非常に楽しみなロッドです。
これまでのバンタムにも、168ML-Gというモデルがあったのですが、今回は168ML+-G/2となっています。これは私なりに、これまでの168ML-Gよりもバットパワーがあるから+がついた?と勝手に解釈しています。
なお、こちらはあえての逆ワン&ハーフとのことです。これ、何が良いかと言うと、先端はグラス感が残って、ルアーの重みをしっかり掛けてキャストでき、さらに魚をオートマチックにかけやすく、ばらしにくいというのがある、一方、バット側は感度を担保し、高弾性カーボンを使用することで、力強いフッキングができるようにもしている…という事かなと思っています。

で、これまでのワンピースだと、グラスコンポジット素材だけで作らざるを得なかったから、ロッド自体が重かったけど、逆ワン&ハーフにすることで、ティップとその他で素材を変えることができ、グラスが本当に必要なティップだけ…に抑えることができたので、重量を大幅に軽くすることに成功したのかな…と思っています。カタログスペック上ではカーボンの含有率が従来のものは64.1%、今回の168ML+-G/2は88.9%と相当違うようです。ちなみに、従来の168ML-Gはカタログスペック132gで、今回の168ML+-G/2は112gとなっています。つまり20g軽くなっていて、これ、あまり言われていないけど、逆ワン&ハーフにした効能ではないか…と思ったり。
ただ、逆ワン&ハーフという事から、ファストテーパー気味になるのかなと思っていたのですが、シマノの表記だとレギュラーテーパーになっていました。ちなみに、従来の168ML-Gもレギュラーテーパー表記でした。

なお、こちらのロッドは楽天の釣り具のポイントさんで予約しました。
楽天のポイントさんで予約した一番の理由は、よく3万円以上5%オフクーポンを出してくれるので、それが出されたタイミング&ためていた楽天ポイントをフルで使って、予約しました。この5%オフクーポンはすぐになくなるので、これが出される日のちょうど日が変わったころにクーポンを獲得して予約した感じになります。2000円弱くらい安くなったんで、結構お得感がありました。

また、ロッドならほとんど外れを引くこともないかと思ったので、価格がそこそこするものでも、潮来釣り具以外の通販でも大丈夫かな…と思っています。あと、潮来釣り具センター、しょうがないですが送料もかかりますしね。

で、こちらの発売は4月という事なので、GWのころには手に入るかなと考えています。このロッドを持って、とりあえずは砂沼にまた行きたいなぁ。。。

最後に

今回は私の予約したステラC2000SHGとバンタム168ML+-G/2について現時点で分かっていることや考察を書きました。

完全に個人的な趣味の道具を調べただけですが、何かの参考になれば幸いです。

また、両アイテムとも実際に到着し、釣行で使ったら是非インプレ記事を書いてみたいと思います。

とりあえず、続きます。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました