t-助のマイカー購入記

こんにちは。

t-助です。

今回は車を検討、購入した話を書いていきます。

購入の動機

以前からクルマ欲しい欲しい…と言い続けてきたのですが、ようやく近所の月極駐車場が空きを見つけ、クルマを購入できそうな状態になってきました。

妻と娘をいろいろと連れて行ってやりたいのですが、現状、電車を使って移動するのはラッシュ時は不可能だし、その他の時間帯も積極的に乗せたいものではありません。そこで結局、いつものショッピングモールへ…が週末の過ごし方でマンネリになっており、これを打破したいと言うのが大きな理由です。

まぁ、私も妻も購入しようと言いつつ、当初3年以上運転しておらず、妻に至っては免許取って以降、路上に出た事すらない状況でした。ですので、運転しやすい車種が狙いです。

…と言うわけで、基本的にはコンパクトカーで探す事にしました。さらに小さくて運転のしやすそうな軽自動車も維持費の面でも魅力的ですが、やはり非力なのと事故にあった時が怖いのでやはり普通車のコンパクトカーで。

私が重視していたのは以下です。
– ルックス
– 安全性能
– 価格
※ミニバンとか、スライドドア等の使い勝手は認めるが、マイカーとしては勘弁…。正直、快適装備とか要らないし、家族3人が安全に乗れて、1人の時はロッドとルアーさえ積めたらOK。最悪、ワンピース載らなくてもあきらめられる。なお、本当は独身の時に中古の赤いスカイラインクーペを買いかけたが、妻と結婚する事になったので諦めた。現在、そのことは一応、後悔。

妻の希望としては以下です。

– 室内の広さ
– 燃費
※基本は乗れればなんでもだけど、室内の広さ重視。街乗りメインだけど、ハイブリッドという言葉に惹かれてる(多分ハイブリッドがイマイチなんなのか知らない。)
スポーツカーや本格SUVみたいなコアファンがいるようなクルマは嫌いというより引く。。。ATしか運転できない。派手なボディカラーのクルマは勘弁。。。
なお、最初の段階では、本人の言っていることがわからなかったのですが。どうやらハッチバックではなく、セダンタイプが好みらしいです。

なお、共通認識としては、予算的には200万円以下、150万円だと大万歳。

とりあえず、今回は新車を見つつ、ディーラー社用車等の状態の良い中古や未使用車も視野に入れます。

で、ネットで希望に合いそうな新車を検索してみたところ、候補に挙がったのが、ヤリス、スイフト、バレーノ、フィット。

次点でライズ(ロッキー)、クロスビーも一応、候補には上がりました。

ニッサンのノートも考えていましたが、車内の質感がイマイチなのと、登録済み未使用車が大量に出回っているようなので、選ぶ場合は、新車よりそちらにしようと保留です。

また、マツダ車が個人的にあまり好きでは無いので、除外しました。ファンの方、申し訳ございませんm(__)m

 

ネッツトヨタ

まず、飛び込んでみたのが、家から二駅先にあるネッツトヨタのディーラー。

中堅の営業マンの方が対応してくれました。こちらの雰囲気は良くも悪くも普通と言った感じ。

ここでは新型ヤリスを検討します。

そしてもらった見積もりは186万円也。しかも1000ccのモデルで、まぁ非力でしょう。。。
新モデルなので値引きは厳しいと先に釘を刺される。まぁ、装備が充実しているので、車はどんどん高くなるなー。

ただ、ルックスは好きなので、持って帰って、妻にカタログを見せたところ、「狭い、却下。」と。。。

…と言うわけで、ヤリスはコストと広さの面から、今回は候補から除外しようかと。

カッコいいんだけどなぁ…。

スズキ

次に向かったのはスズキディーラー。スイフト、バレーノが狙い目。

このディーラーでは店長さんが対応してくれました。頭が切れて、融通の効く感じの方で、非常に安心感のある方。この人からなら買ってもいい。

この時、RSはなかったけど、みんな大好きスイスポ。カッコいい。。。黄色の6速MT…189万、、、独身なら、とりあえず、オプション無しでも即決してたな(笑)

ちなみに、スイフトRSはオプションをつけて195万円の見積もり。車格を考えるともう少々安くしたい。しかも、これも妻曰く、狭いと。

あとはマイナーな車種なのですが、バレーノという車を見ました。
コンパクトカーながら3ナンバーと言った、スズキの世界戦略車?

日本ではマイナーだけど、インドや欧州では評判がいいようです。

全体的なサイズやルックスも、何となく、VWのポロを意識した感じ。
シートもなんと本革だったり、シートヒーターが標準装備されていたり、お買い得感のある印象。

さらに、ダウンサイジングターボにトルコンAT6速というパワートレインも個人的にそそられます。

後日、実際に試乗してみても非常しっくり来る感じで、個人的にはこちらのほうが気に入りました。

ただ、ダメな点を言うと、歩行者検知の緊急ブレーキがついてない点とサイドエアバッグがオプションでもない点。子供を後ろに乗せるので、オプションでもサイドエアバッグは欲しい。こちらは充実の内容で205万円の見積もり。この車で、あの担当者なら、あと15万安くなれば、決めてもいいかな…と思いつつ。

ホンダ

で、最後に向かったのはホンダディーラー。
こちらは自宅から徒歩圏内なので、妻と娘と一緒に。

妻の狙いのFITを見ることに。

個人的には旧型のガンダム感が、何とも、うーむ。。。そして、新型のルックスは個人的にはさらに気に入らない。。。
まぁ、釣りに行くなら、多分、コンパクトの中で最高だろうな…とは思いますが。

そんな中、担当者の話を聞くと、旧型はカラーが白しかないという条件かつ、買う気がないと思われたのか、不要だと言ったのに無駄な装備(マッドガード、サイドバイザー)を勝手につけられた上、旧型のくせにほとんど値引きなしという話だったので、個人的にはこちらでは絶対に買わないと決心。

なお、新型も一応見積もりをもらったのですが、basic(一番下のグレード)でオプション付けて240万円。完全に予算オーバー。担当者の方もちょっと融通が効かない感じだし、妻はFITを気に入っていましたが、少なくともこの店で買う気もなくなったので早々に退散しました。

レンタカーで

…とまぁ、色々見てた中で個人的にバレーノに絞ろうかと思っていたのですが、妻の「どうせ駐車するのは青空駐車場だし、初めての車なので、キズとか入れちゃいそうだからもっと安いのが良い」との一言で、一気に暗礁に乗り上げてしまいました。。。

ちなみに、後で本音を聞いたところ、あまりバレーノが好きでなかったとのこと。

その後、もう妻に一任しようと、フィットやクロスビー等の良さそうな中古車や新古車をリストしましたが、カラーが…等、イマイチ反応が悪い。

そんな中、実車に妻も乗ってみれば良さがわかるかな…と、練習と試乗がてらニッポンレンタカーのコンパクトクラスのレンタカーを借りてみることに。そのコンパクトクラスではスイフト等を借りられるとの事でした。

スイフトに乗れるかもという事に私はワクワクしながら、レンタカー屋に行って見ると…なんと、当日、全車出払ってるという事で、いきなりカローラアクシオに変更させられてしまいました。。。

せっかく、スイフトを試そうと思ったのに…と、かなりがっかりしたのは言うまでもありません。

しかし、仕方なく借りたアクシオに乗ってみると、思いの外良い車だと言う事に気づかされました。試乗したバレーノのようなかっちりした感じはないものの、軽くて取り回しの良いハンドル。さらに、1.5lエンジンは振動も少ないし、街中で力不足を感じません。また、ボディが大きいわけではないけれど、後席に座っても広さは十分で、乗り心地も悪くない。駐車場でもバックで駐車もしやすいし、5ナンバーなので隣とも距離を空けられる。

また、ドアの質感とかそういうのは、他に検討しているコンパクトカー達と比べて一段階上だし、やはり、日本を代表するメーカーのトヨタだなという、安心感もあります。

さらに、トランクはベビーカーを入れてみても十分余裕がありました。
まぁ、釣りに行くにしても、トランクスルーが付いていないので、ワンピースロッドは無理ですが、ハッチバックのコンパクトカーのトランクより十分に物が入りそうで、バス釣りくらいなら問題なく行けそうです。まぁ、村田基さんもワンピースロッドは絶滅すると言ってたし(笑)

さらに、妻に運転させても(教習後3年目で初の路上)、教習車と感覚が変わらず、やはり運転しやすいと。

特別優れた点はないものの、カローラの言う、80点+アルファと言うのが、こう言うことなのかと改めて実感できました。

さらに私ごとではありますが、そういえば、妻と初めてドライブに行ったクルマが、レンタカーで借りたカローラアクシオHVでした。

あの時、実は、コンパクトカーでも軽自動車でも良いのに、見栄張ってセダンで、さらにハイブリッドを借りた…という、ある意味、思い出の車でもあったんですよね(笑)

若々しい感じは全くない車ですが、この日、スイフトに代わって出てきたこの車に何かの縁を感じます。

こうなってくると、俄然、カローラアクシオを意識し始めるのでした。

新車で買ってもどうにか当初の予算内には収まりそうではありますが、残念ながら新車はビジネスユースにわずかに現行に残っているだけで、カラーが微妙。

そこで、他の車と一緒に状態の良い中古も探してみることにしました。

 

結末は…

そんな中、会社の昼休みに昼ごはんを食べながらスマホをいじってると、トヨタの中古車の広告が表示されました。その中に表示された真紅のカローラアクシオ。なんと妻が欲しいと言ってたハイブリッド。

*この中古車情報のHPより。

さらに、装備も充実しており、機能的に無いのは歩行者検知の緊急ブレーキ、アダクティブクルーズコントロールくらい。

妻に連絡したところ、今までの車とは打って変わって、非常に好意的な反応!

そこで、善は急げ…と、早速、販売店にアポを取って実物を確認しにいくことに。

自宅から直線距離的には大したことないのですが、行きにくい都内のトヨタモビリティの店舗へ。自宅から、電車で1時間ちょっと、さらに駅から徒歩30分。。。多分、車で行ったら、40分くらい。

さすがに遠いので、妻と娘はお留守番で私一人で行く事にしました。

到着すると、女性の担当者の方が対応してくださいました。
この方は、ちょっとつかみどころのない感じではありましたが、頑張っている感は伝わってくる方で好感が持てました。スズキに続いて、この人からなら買っても良いかなと思える人でした。

さらに大きな店舗にもかかわらず、また中古車を見に来ただけなのに、副店長さんまでもがわざわざ挨拶に来られて、非常に好感が持てるディーラーでした。

で、目的のアクシオと初対面。

ハイブリッドGのWxB(ダブルバイビー)という、最上位グレードとの事で、リアスポイラーやLEDライト、フォグライト等付いており、見た目もなかなかイケています。

エクステリアは一目で惚れました。はい。。。

内装に関しても、白(だけど(笑))の合皮シート、革のステアリング等、質感も高いです。

実はこのアクシオ、この店のストックヤードの1番奥にありました。その時点で、人気という面では、ご察し状態ではあります(笑)

まぁ、このクルマのイメージの若返りを図りたかったメーカーの意図とは裏腹に、若い人にとってカローラアクシオはやはり、地味な印象でしょうし、ご年配の方にとっても、派手な白シート、赤いボディカラーのこれに関しては敬遠するかな。。。…と言う事で、なかなか売り手がつかなかったのではないかと邪推。

私のような他人と同じのはイヤだけど、スタンダードで扱いやすい車種に乗りたいという特殊な人を待っていたのでしょう(笑)

なお、状態としては、2017年登録で車検まで近いものの、走行1.7万kmなので、年式相応の走行距離で機関の調子も問題ないと。試乗も出来ないので、それだけでは不安でしたが、元ディーラー社用車とのことなので、素性もはっきりしており、整備も行き届いている事が想像できます。もちろん、事故歴、交換歴、修復歴なし。
まぁ、中古車とは言え、トヨタのディーラーが売っており、3年(ハイブリッド機構には7年)も保証もつけてくれるクルマなので間違いはないでしょう。

ディーラーの方が、「正直な話、利益的には赤です…」と言っていたのは営業トークでしょうが、個人的に十分納得できる価格でもありました。

妻にも車の画像を送ったところ、やはり気に入ったようで、妻と電話で相談した上で、今回は特に値引き交渉もせずに気持ちよく即決させていただきました。

最後に…

今時、セダンを選ぶ子育て世代もアングラーもそうそう居ないでしょうが、今回は夫婦共に、このアクシオのエクステリアや内装に惚れました。

さらに、運転のしやすさも装備もそこそこで、私たち夫婦にとって、何か縁を感じさせてくれる思い出の車種でもありました。まぁ、色々悩みましたが、結局、自分たちらしい車になったな…と思います。

また、担当者の方も一生懸命になってくれたのも個人的にはこのクルマを購入した大きなポイントです。

クルマは多分、家の次に大きな買い物なので、ディーラーや担当者は重要かと思いました。自宅から遠い都内の店舗ではありますが、今後、メンテナンスや新車購入の際は懇意にさせてもらおうと思います。

ちなみに妻は、何故か(笑)将来的にはカローラスポーツに乗りたいと言っており、私が頑張って、一家で二台体制ができるようになれば、カローラスポーツも相談に行こうかなとも思っております(笑)

とにかく、今は人生初のマイカー、アクシオの納車が楽しみ!

大切に10年は乗るぞ!

とりあえず、続きます。。。

カローラアクシオ ハイブリッド(NKE165)メンテナンスオールインワンDVD 内装&外装セット
created by Rinker

t-助のマイカー購入記” への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。