BMW museumに行った思い出

クルマ
広告

こんにちは。
t-助です。

なかなかこのコロナ禍が解決しないと、海外に旅行なんてなかなか行ける環境にないのですが、今回はt-助の行ってよかった観光地を一つ紹介しようかな…と。

ただ、訪れたのは当時の話で、だいぶ記憶から忘れ去られている部分もあるので、その辺はご勘弁を^^;

その昔、長期出張でドイツに行ったのですが、その際、休日はドイツの自動車博物館を結構いろいろと行ったんですよね。
具体的には、BMW、ポルシェ、メルセデス、アウディに行きました。さらに、この時は行っていないのですが、フォルクスワーゲンの博物館もあるようです。
で、今回ご紹介するのはBMWの博物館です。

アクセス

ドイツのミュンヘンにあります。
確か地下鉄で行けたはず…と調べたら、Olympiazentrumという駅で下車し、徒歩5分くらいだったようです。

BMW Museumについて

外観はこんな感じでした。

この博物館にはBMW(日本語に訳すとバイエルン発動機製造株式会社らしいので、いわばバイハツである)の歴史が分かるようになっている博物館です。
たくさんの車両が展示されています。入場料は確か10ユーロくらいだったと思う。

展示されていた車両

大量に写真を撮っていたのですが、この中から一部ご紹介していきたいと思います。

ゴールデンアイでピアース・ブロスナンが乗ってたZ3のボンドカーですね。
確かボンドカー史上始めてのドイツ車…ってか、外車になったんじゃなかったっけな。。。
あまり覚えていないけれど、少し調べてみたら、劇中では大して出番がなかったそうです。

カーナンバー16なんで、ハイドフェルドのマシンですかね!
確かチームメイトはロバートクビサですよね。懐かしい。一番F1見ていた時代です。。。大学時代、フジテレビで深夜とかにやっててよく見ていました。
アロンソがミハエルシューマッハの時代を終わらせ、シューマッハが引退。佐藤琢磨がスーパーアグリで出たりとかその辺ですよね。アメリカグランプリで、BSのタイヤ履いてる6台くらいしか走らなかったのは2005年だったか2006年だったか。佐藤琢磨がBARだった気がするので、2005年な気がする。そして、6台で走ってジョーダンのインド人ドライバーの方が入賞してめっちゃ喜んでたの、今でも覚えている。彼の名前忘れちゃった。。。

このBMWザウバーのマシン、コクピットの写真も撮っていました。

ニュルブルクリンク24hレースの車両だそうです。2005年くらい?のM3でないかと。あまり詳しくないですが、いかにもなトリコロールのカラーリング、カッコイイですよね!

で、さらにもっと古いM3。これはDTMの車両のようです。やはり、トリコロールかっこいいな!
この顔のBMWが、私が幼少期にミニカーで遊んだ型のBMWで、今でもこの顔がなんかいかにもBMWだと感じるんですよね。

で、さらにさらに古いDTMマシン。BMW 3.0 CSLだと思います。厳つい。。。
BMW 3.0CSLは最新のGT7にも出てきていますね。なんかライセンスでアルザスの高低差のあるコーナー走る試験が難しかった覚えが(笑)

BMW 507。正直、この車博物館で見たときに一目ぼれした車。カッコ良すぎですよね!
で、後で調べてみたところ、この車、価格がとんでもなく高すぎて売れず…結局250台程度しか生産されず、この車のせいでBMWがピンチに陥ったとか。
いやぁ、でも今見てもかっこいいんだけどなぁ。。。

スーパーカーのM-M1。BMWで初めてMを冠されたモデル。リトラクタブルヘッドライトで、他と比べると異色なルックスをしていますが、ちゃんとBMWの顔していますよね。
確かにかっこいいんだけど、スーパーカーは私の中では少し違うんだよなぁ。。。
日本にこの車、現存するのかしら…。

異色だったのがコレ。前から乗るらしいです。前向き駐車ができなくないか…これ(笑)
このサイズ感は使いやすそうではあるのだけど。

日本ではミニカー登録とかなのかな。。。なんか、キットカーみたいな感じですね。

で、i8。こちら、所謂プラグインハイブリッドな機構。残念ながら、2020年に生産終了していました。高いんだろうな…と思ってカーセンサーで価格見てみたのですが、なんと、大体1000万円以下でした。他のスーパーカーと比べて、頑張れば買えなくないレベル。
しかし、こんな車に乗って釣りには行けないか(笑)

ちなみに、2by2なので、後ろに人載せられます。チャイルドシートも取り付けられるみたいなので、ファミリーカーにもなりますね(?)
子供が勝手にドア開けにくい構造になっているので、ドアパンチしてしまうこともないし!
しかし、こういうガルウイングなクルマ、隣に車停められたら、どうやって乗り降りするんだろうか。。。

余談ですが、私は幼少期はR32型のGTS-tの後ろの席に座って長距離移動とかもやっていたもので、車って狭いもんだろ…って耐性がついていたりします。大人になってもコンパクトカーで家族4人で旅行に行くとか普通だったもので^^;
その辺、妻の一声でカローラに決まったくせに、スライドドアのトールワゴンが…とか言っていた、妻の意見には全く賛同できないですね。
子供のおむつなんて、車の中で替えないといけないシチュエーションなんてそうそうないって…。

独身の時に、86とかスカイラインクーペとか買っておくべきだったか。。。
スカイラインクーペはあのルックスが好きすぎて、一時期、本気で悩みました。高額納税者になるのと消耗品代(タイヤ代)がとんでもなかったので、やめたのですが。。。

ニューモデル速報 第400弾 新型スカイラインクーペのすべて

ニューモデル速報 第400弾 新型スカイラインクーペのすべて

三栄書房
540円(10/01 13:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

なお、BMWなので、二輪車も結構いろいろありました。
この写真のバイクなんてかなりカッコイイですね。私は一時期、ビッグスクーターに乗っていたのですが、もうギア付きのバイクなんて教習所以来なので全く乗れる気がしません^^;

さらにBMW傘下のミニやロールスロイスの展示もありました。

最後に

今回は以前に言ったことのある、BMW museumについて簡単にご紹介いたしました。
この博物館、ミュンヘンに行くことがあれば、是非行ってみると楽しいかもと思います。
他にもメルセデスやアウディ、ポルシェなんかもあるのですが、個人的にはこのBMWが一番展示物が多くて、楽しめました。

なお、この社会人3年目でしたが、どうにかZ4を買おうか考えたりしました。買わなかったけど^^;
Z4なんて買ってたら、子供生まれたら、絶対に手放す羽目になっただろうし。

とにかく、この時は初夏のドイツに行ったのですが、出張じゃなければ、気候等も最高だったのになぁ…という感じです。
この時はまだお酒も飲んでいたので、ヴァイツェンをよく飲んでいて、美味しかった覚えがあります。もちろん、ヴァイスヴルスト必須!!
なかなかチャンスはないのですが、そのうち、また南ドイツの方に行ってみたいなぁ…とは思っています。

とりあえず、続きます。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました