2019年版 t-助の選ぶコスパ最強のルアー10傑!

こんにちは。
t-助です。

 

バスフィッシングは本当にお金がかかる趣味です。ロッドやリールはこだわると、数万円。
特に近年はルアーもどんどん高くなってる印象です。ハードルアーの一つ1500円は当たり前。高いものだと、3000円、5000円を超えるものも!

人によっては、本当に世の中のルアーは高すぎて買えない!って、世の中の文字が小さすぎて読めない人くらい、怒っているかもしれません(笑)

そこで今回は、あくまで、t-助の独断と偏見に基づきますが、リーズナブルでもただ安いだけではなく、釣果も期待できるルアー達を10個種、ランキング形式でご紹介したいと思います!

 

コスパの高いルアー10傑

第10位:タカミヤ FALKEN R ベイト150/127

まずはタカミヤ(釣具のポイント)さんのジョイントベイトです。他のビッグベイトの相場が3000円〜5000円と高価な中、なんと1080円(SW用1200円)ともう、価格を破壊しまくっています。

リップなしのモデルは特に、動きもそこそこで、ちょっとビッグベイト的なルアーを試したい方や根掛かりを恐れず、投げ続けたい方にはぴったりなルアーです。また127は20gなので一般的なベイトタックルで投げられます。釣れそうなのですが、まだ釣果は無しです。

なお、リップ付きはあまりオススメはできません。
ちなみに、タカミヤさんのジョイントベイトはギルタイプのやつもあったんだけど、最近見ないですね…。

釣果:-
お得感:★★★★☆

TAKAMIYA(タカミヤ) ルアー FALKEN R ベイト S.W #05(アカキン)

TAKAMIYA(タカミヤ) ルアー FALKEN R ベイト S.W #05(アカキン)

952円(04/19 12:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

第9位:レアリススモールラバージグ

このルアーでもまだ魚を釣っていないので、釣果はありませんが多分、今年大活躍してくれそうな気がしているので、独断と偏見で期待を込めて!

このスモラバはトレーラー(レアリスのvテールシャッド)もすでについている状態で売っています。カラーを選んだり、ワームの位置を調整したりと面倒な手間がいらず初心者にもお勧めしやすいです。そして何より、ワンコインで買えるというお得感があります。
なお、サイズは1.3g, 1.8g, 2.7g, 3.5gとあります。1.8g、1.3gはスピニングタックルで。2.7g、3.5gはベイトフィネスタックルでも使いやすいサイズです。

カラーも8種類あり、揃えたくなってしまいます。

今後、t-助のベイトフィネスや軽い撃ち物の中核となるルアーになっていくと思います。

釣果:-
お得感:★★★★★

 

第8位:デカピーナッツSSR

ダイワのデカピーナッツはコスパに優れたルアーと言えます。その中でもおススメなのはSSRです。
デカというだけあって、普通のピーナッツと比べると、だいぶ大きいです。

潜行深度は見かけ50cmくらい。真夏にトップよりちょっと下を狙いたい時にもってこいな感じのルアーです。
改善してほしい点はリップが折れやすい事。トラウト用ルアーもそうなので、これはダイワルアー全体に言えることなのかもしれないですが。

なお、おすすめのカラーはクリアーピンクです。

釣果:★★☆☆☆
お得感:★★★☆☆

 

第7位:フリックシェイク2.8インチ

これを使うと、数釣りが狙えます。
真夏の見え子バスならこれでほぼ釣れると言って過言ではないでしょう。ノーシンカーワッキーかダウンショットがおススメ。
ただ、問題点はノーシンカーで使うとほとんど飛距離が出ない点です。
ちなみに、おススメなカラーはアカムシです。

釣果:★★★☆☆
お得感:★★☆☆☆

 

第6位:デラスピン

第6位はジャッカルのデラスピンです!

昨年、夏の砂沼でハマったスピナーベイトです。フォールでもただ巻きでもOK。
特徴としては、他のスピナーベイトに比べて、小ぶりなところと、ウィローともコロラドともいえない、ブレードの形状で、唯一無二のスピナーベイトです。
ただし、このスピナーベイトは、小さいバスからある程度のサイズまで食って来るようなルアーで、サイズは選べませんが。。。

なお、サイズは、1/8oz, 1/4oz, 3/8ozとラインナップされていますが、おすすめは飛距離の出る3/8oz。ちなみに、t-助のおすすめカラーはデビルズクリアです。

価格も、1000円でおつりが戻ってくるレベルです。

釣果:★★★★☆
お得感:★★★☆☆

 

第5位:タカミヤ FALKEN R FALKEN SPIN

とにかく、安いです。なんと、600円以下!!根掛かりを恐れず投げられます。
また、形状としてもダブルウィローのスピナーベイトとスタンダードなタイプで、実際、色々な場面で投げやすいルアーです。

さらに重さも1/4oz、3/8oz、1/2ozとあります。安いので、いろいろ揃えてみるのもいいかもしれません。

なお、欠点は、何故かバスよりも外道が良く釣れる点でしょうか。。。

釣果:★★☆☆☆
お得感:★★★★★

 

第4位:3DSクランク SR(F)

第4位はDUELの小型クランク、3DSクランクSR(F)です。
このルアーは何といっても、昨年の秋の一気に寒くなった日にボウズのピンチを救ってくれた、ルアーでもあります。
小さいですが、この日、全然釣れなくて、最後の最後で釣った魚です。

このクランク、質感もしっかりしていて、半透明のボディのものは、フラッシング効果がすごいです。さらによく飛び、よく泳ぎ…という感じの小型クランクです。さらにアマゾンで安いカラーで756円!安い!

欠点はなかなか置いていない事でしょうか。あと、どうしても形状上、若干バレやすくはあります。
なお、t-助のススメカラーはHBGで、アマゾンにはだいたいあります!

釣果:★★★☆☆
お得感:★★★★☆

 

第3位:レアリススピン35

第3位はレアリススピン!

昨年、個人的にかなりいい思いをしたルアーです。

その中でも、7gの35mmサイズがベイトタックルでも扱いやすく、気に入っています。
1サイズ大きい、11gのものからはブレードが大きく、微妙にアピール感が違います。

一応、実売価格は1000円でお釣りがきます。

本当に釣れるルアーで、小さいのからそこそこサイズまで食ってきます。ただ、何故かたまにまともに泳がない事があります。この点はメーカーさんに改良してもらいたいです。

ちなみに、おススメカラーは野ギルです。

釣果:★★★★★
お得感:★★☆☆☆

 

第2位:デラクー 3/8oz

2位もスピンテールで、ジャッカルのデラクーです。

特にt-助は3/8ozのものが好みです。
このルアーも良く釣れます。

基本的なスピンテールと同じで、ただ巻きでOK。
昨年の秋以降には、砂沼でも弁慶堀でも、このルアーに助けられました。

釣果:★★★★★
お得感:★★★☆☆

 

 

第1位:3インチグラブ

ゲイリーワームかよって突っ込まれそうですが、個人的にはこの3インチグラブが最強のワームだと思っています。ボウズのピンチを何度も救ってくれたワームです。

もはや説明は不要なくらい、よく釣れます。ただし、これもサイズは選べませんが。。。

使い方としては、ノーシンカーもしくはジグヘッド(1/16ozくらいのもの)が良いです。フックサイズとしては#3前後のマス針の方が個人的には好みです。
第7位で紹介したフリックシェイクよりもノーシンカーではこちらのほうが飛距離が出やすいので、サイトで狙いでもよく使っています。
なお価格は、10本入って600円弱で売られていることが多いです。

おすすめカラーは定番のウォーターメロン系、それからスモークパールブルーというカラーです。

釣果:★★★★★
お得感:★★★☆☆

 

最期に…

今回は2019年冬現在、t-助の独断と偏見で選んだ、最強のコスパルアー10傑について書いてみました。
今後、これらのコスパを上回るようなルアーは出現するのでしょうか。次回(来年?)もやってみたいと思います。

しかし、どうしても、釣れるルアーという形になってしまうと、数釣り出来るルアーが強くなってしまうので、次回やるときは、魚のサイズという評価基準も加えて考えてみようかな・・・。

 

とりあえず続きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。